私の経験を振り返ってみても、「お金稼ぎはビジネスのモチベーションにならない」という事をひしひしと感じます。

インターネットビジネスに明け暮れて、ようやく念願だった月収1000万円を達成できた私ですが、思い返せば月収200万円くらいを超えたあたりから、そのモチベーションは「お金を稼ぐ事」ではありませんでした。

というのは、ある一定以上の金額を稼げるようになると、「お金を欲しい」とは思わなくなるものだからです。

考えてもみれば分かりますが、今の日本で生活していく上では、月に100万円や200万円もお金があれば普通に贅沢もできますし、生活に困る事はありません。

なので、たとえ月収500万円とか月収1000万円を目標として掲げていたとしても、潜在的には『生きていく上でそんなに収入はいらない』と考えてしまうのが人間なのです。

これは「潜在的に考える」というのがポイントで、たとえ意識の上で”顕在的”に、

『月収1000万円を稼ぎたい!』

と思っていたとしても、潜在的には「そんな収入は不要」と考えてしまう為、ある程度の金額を稼げるようになると、「お金」というものは行動するモチベーションにならないのです。

つまり、月収500万円や1000万円といった、「達成できなくても生きていく上では何の支障もない」レベルの収入を稼ぎたいのなら、『お金が欲しい!』ではなく、もっと他のことをそのモチベーションにしなければならないという事になります。

月収100万円で終わる人、月収1000万円まで到達できる人の違い

前述したように、月収100万円とか200万円とかまでは『お金が欲しい』という気持ちをモチベーションに利用する事ができますが、それ以上の金額を稼ぐとなると、『お金が欲しい』はモチベーションにはなりません。

少なくとも、私の実体験ではそうでしたし、私の回りの稼いでいる起業家も皆、同じような事を言っています。

なので、月収100万円あたりから「お金が欲しい」がモチベーションにならないというのは間違い無く事実と思っています。

月収100万円を超え出したあたりから、そもそも「お金が欲しい」なんて思わなくなるからです。

月に100万円もお金があれば、生きていく上では特に困りませんので。

ゆえに、月収1000万円といった大きな金額を目指すのならば、「お金以外のこと」をモチベーションとしなければ、そもそも行動する意欲も湧いてきません。

それを踏まえると、何をモチベーションとしてビジネスに取り組むかが、

  • 月収100万円で終わる人
  • 月収1000万円まで到達できる人

を分ける違いとなってくるのです。

月収100万円で成長が終わってしまうのは、「お金が欲しい」をモチベーションにしているからです。

月収100万円も稼げば、大抵の場合、「お金が欲しい」は満たされますから、それ以上ビジネスを頑張る理由もありませんよね。

なので、もし%%Name%%さんが月収1000万円を稼ごうと思うなら、意図的に「お金以外のこと」をモチベーションとする必要があります。

その「お金以外のこと」が何なのかは、その人の価値観だったりで変わってくるので、一概に「コレをモチベーションにしろ」という事はできません。

ただ、「お金以外のモチベーション」の例を挙げるとすれば、以下のようなものが該当してきます。

  • 影響力のある人間になりたい
  • この業界で第一人者と呼ばれる存在になりたい
  • 自分の能力やスキルを限界まで高めたい
  • 関わる人すべてを幸せにできるだけの度量を持った人間になりたい
  • 自分の顧客を成功させたい

他にも色々とあると思いますが、いずれも、お金を直接的なモチベーションとしていないのをご理解いただけるはずです。

ここで挙げたようなモチベーションでビジネスを頑張っていけば、その結果として、月収1000万円といった大きな金額は自然とついてくるものです。

直接的に「月収1000万円が欲しい!」と思ったところで、それは潜在的にモチベーションになり得ないのは既にご説明してきた通りですから、それでもなお、月収1000万円といった金額を目指すのであれば、直接的ではなく「間接的」に目指さなくてはなりません。

その間接的というのが、

  • 影響力のある人間になりたい
  • この業界で第一人者と呼ばれる存在になりたい
  • 自分の能力やスキルを限界まで高めたい
  • 関わる人すべてを幸せにできるだけの度量を持った人間になりたい
  • 自分の顧客を成功させたい

といったことをモチベーションにすることなのです。

要するに、月収1000万円をストレートに目指すのではなく、

『月収1000万円稼げる自分になることを目指す』

ということです。

「自己向上したい」という願望は、人間が誰しも持ち合わせている本能だと言われていますから、その願望を大いに活用して目標に突き進むことこそが、結果的に月収1000万円といった収入に到達するカギとなってきます。

というわけで、ちょっと小難しい話だったかもしれませんが、もしあなたが、ゆくゆく月収1000万円といった収入を目指すのであれば、このことを今のうちから理解しておくことをおすすめします。

これを理解せずに、「月収1000万円稼ぎたい!」とどんなに強く願ったとしても、まずその目標を達成する事はできないはずだからです。

まあ、とは言いつつも、もしあなたがまだ月収100万円という目標をクリアできていないようでしたら、まずは素直に「お金が欲しい」をモチベーションとし、月収100万円の壁を超えて欲しいなと思います。

仮に今後、月収1000万円を目指すにしても、まずはその過程に月収100万円という壁が必ず存在するからです。

そして、月収100万円を目指すというフェーズにいるのであれば、やはり「お金が欲しい」というのが最も強力なモチベーションとなるのは間違いありません。

なので、まだ月収100万円に至ってないようであれば、素直に「お金が欲しい」と強く思いながらビジネスに取り組んでみてください。

それが最短で月収100万円を達成するカギになってくると思いますので。

その上で、あなたが月収100万円を達成し、さらにその上のレベルを目指すというのであれば、そこで初めて「お金以外のこと」、もっと言うならば「自己向上」をモチベーションとし、日々精進してもらえたらと思います。

というわけで、今回の記事は以上となります。

今日お話しした事が、何か少しでもあなたの役に立ったら嬉しいです。

それではまた。