今回は、

「収入を上げる単純明快な方法」

というテーマでお話をしていこうと思います。

ですが、これは何も、「頑張ってビジネスしてください」とか「朝から晩まで働いてください」とか、そういう月並みすぎる話をしたいわけではありません。

確かにそれをすれば収入は上がるかもしれませんが、そんなの誰でも分かりきっている事でしょうから、わざわざこんな当たり前な話をしたいが為にこの記事を書いているわけではないのです。

ちなみにこれからお伝えしていくその方法は、私が実際に取り組んでみて、

「これは、かなり効果があったな」

と感じた収入アップの方法なので、ぜひ参考にして欲しいなと思います。

では、早速いってみましょう。

収入を上げる単純明快な方法とは?

これは結論から言うと、

「可能な限り、自分より稼いでいる人と付き合うようにする」

です。

要するに、その人の収入を決めるのは、「普段、どんな人と付き合っているのか?」という要素が大きいという事なんです。

もしかしたら、あなたも一度くらいは聞いた事があるかもしれませんが、

「あなたの収入は、あなたの周りにいる最も近しい5人の平均だ」

という言葉もあります。

私もこれは本当にその通りだと思っていて、どんな人と普段付き合っているかで、その人の収入って決まってくると思うんです。

そう言うと、

「じゃあ、今の人間関係を断ち切れって事?」

と思うかもしれませんが、別にそういうわけではありません。

そういうわけではないですが、少なくとも「人付き合い」を意識することで自分の収入は変えていけるんだって事だけは、覚えておいて欲しいと思います。

というのも、人間って自身の”基準値”をもとに思考したり行動する生き物だからです。

たとえば月収100万円を稼ぐのが当たり前な環境にいれば、「お金を稼ぐ基準」というのが月収100万円になってくるわけですから、自分も月収100万円を稼ぐために思考したり、そのために行動するようになっていくものなんです。

そうすれば、周りと同じように自分も月収100万円を稼げるようになる可能性は極めて高いと思います。

逆に、あなたが月収20万円のグループに属して、その人たちと事あるごとに食事に行ったり遊びに行ったりしていれば、月収20万円が基準になってきませんか?

そうなると、”自分も月収20万円くらいは稼いでおこう”という視点になってしまいますし、月収20万円さえ稼いでいれば、それ以上の収入を稼ぐために必死になる事はあまりないと思います。

むしろ、周りが月収20万円なのに、自分だけ月収100万円稼ごうものなら明らかに浮いてしまいます。

なので、そういう環境に身を置いてしまうと、お金を稼ぐことに対して無意識に自分でブレーキをかける事になるんです。

というか、月収20万円のグループに思いっきり浸ってしまうと、そもそも月収100万円を稼いでいる自分なんて想像すらできないと思うんです。

いくら何でも、いつも遊んで仲良くしている人たち、いわば自分と”同類”の人たちより、5倍も多くのお金を稼ぐなんてのは想像しづらいと思います。

想像できないことを実現する事くらい難しいことはありませんので、目指す金額を稼ぐ自分を想像すらできない環境では、自分が成長するはずがありません。

だからこそ、あなたが収入をアップしたいなら、できる限り自分より稼いでいる人と付き合うようにして、自分の”基準値”を上げていく必要があるという事なんです。

ただ、いきなり既存の人間関係を断ち切って、自分より稼いでいるグループに単身乗り込むのも現実的ではないと思います。

それに、収入アップだけが人生じゃないですし、そういった損得なしで付き合える人間関係も大事だと思うからです。

じゃあ、既存の人間関係を悪化させず、自分の収入アップを果たすためには、どんな人付き合いをしていけば良いかというと、

「稼いでいる人との接点を増やすようにする」

という方法がいいと思います。

要するに、ガラリと人付き合いごと変えるのではなく、稼いでいる人と1時間でも食事をさせてもらったり、あるいはお茶をさせてもらったりと、

「稼いでいる人と同じ空間で過ごす」

という事を、意識的に心がけていけばいいんです。

そうする事で、だんだんと、自分の基準値がその「稼いでいる人」に近づいていきます。

そもそもの話しで、稼いでいる人とそうじゃない人って、大した違いなんてありません。

同じ人間ですし、むしろ稼いでいる人でもチャランポランな人っていっぱいいますから(笑)。

だからこそ、そういう人と接点を増やす事で、

『この人が稼いでいるなら、自分だって稼げるかも?』

という様に意識が変化していく事もよくあります。

そうなったらシメたもので、自分にもできるっていう自信が湧いてきて、気づけば自分も「稼いでいる人」の仲間入りができているってわけです。

要は、自分に対する「制限」が外れるという事。

人間って、無意識のうちに自分で自分に制限(メンタルブロック)を課していて、どうしてもその枠の中で収まろうとしてしまう生き物です。

ただ、何もこれは人間だけじゃなくて、実は自然界でも同じような現象がたくさんあったりします。

例えば、「カマス理論」と呼ばれている現象もそうなんです。

カマス理論について

突然聞きますが、あなたは「カマス」っていう魚、知ってますか?

カマスという魚は、人を襲う事もあるくらい気性の荒い魚なんですが、ここに面白い話があります。

まず、水槽にカマスを入れて、その中にエサとなる小魚を放り込むと、気性の荒いカマスは鋭い歯で小魚に襲いかかります。

そして次に、その水槽に透明の間仕切りを設け、一方にカマス、一方に小魚を入れます。

するとどうでしょう。

そのカマスは、透明な仕切りの先にいる小魚を食べようとするわけですが、何度その小魚を食べようとしても、その透明な仕切りが邪魔をして、小魚を食べることができません。

それを何度も繰り返すうちに、終まいには小魚を食べることを諦めて、間仕切りをはずしても小魚を襲わなくなるんですね。

「自分には小魚を食べることができない」

そのカマスは、そう思い込んでしまい、仕切りを外した後も小魚を食べることをしなくなるわけです。

これがカマス理論ってヤツなのですが、思い込み(制限)って怖いですよね。

そのカマスは、もう仕切りが外されているので、目の前の小魚を食べようとすれば、いつでも簡単に食べることができます。

しかし、自分には小魚を食べる事ができないと思ってしまっているので、お腹が空いていても、小魚を口に入れようともしないんです。

そのカマスは、このままではいずれ”餓死”してしまうわけですが、この状況は実は非常にシンプルな方法で解決できます。

どうするかというと、新しいカマスをその水槽に入れてあげるんですね。

そうすると、その新しいカマスはその小魚を食べてしまうのですが、それを見た最初のカマスは、

「あ、やっぱり小魚を食べようと思えば食べる事はできるんだ」

という感じで自分の制限が外れて、結果的に最初のカマスは元どおり、小魚を食べるようになるという話です。

そしてこれは、私たち人間でも全く同じ事が言えます。

自分より稼いでいる人と過ごす時間を増やす事で、

「自分も稼ごうと思えば稼げるんだ」

という気持ちになっていき、それによって自分に対する制限が外れていくというわけです。

そういった意味でも、稼いでいる人と接点を増やすのは非常に重要な事になってきます。

「あ、自分にもできるかも?」

なんて思う事ができれば、成功もすぐそこだと思います。

ただ、そうは言っても、

『いやいや、周りにそんな人いませんし、稼いでいる人は私なんかと一緒に時間を過ごしてくれないですよ』

なんて事を考えてしまうかもしれません。

でも、もしそう考えてしまっているとしたら、

「実際に行動してみましたか?」

という事を問いたいです。

稼いでいる人が周りにいない。

稼いでいる人が自分と会ってくれるわけがない。

そんなのただの思い込みだったりしませんか?

その気になれば、何とでもなると私は思います。

まあ、百歩譲って、そういう環境が全くなかったとしても、今はセミナーとかビジネス交流会って毎週のように開催されていますから、そういうイベントに飛び込んでしまえばいいんです。

そうすれば、自分より稼いでいる人がそこにいるはずですから、そういう人たちと積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

名刺がなければ名刺を作って、挨拶がてら会話を重ねていけば、あなたがよっぽど誠意のない対応をしない限り、ある程度はその場でコミュニケーションを深められるはずです。

そこで話の旨が合えば、後日、また簡単にお茶をしたりもできるかもしれません。

ただ、稼いでいる人ほど暇じゃないので、また後日そういう人と会いたいと思うなら、それなりのメリットをこちらが与えられるようにしておくと、より確実かと思います。

ただ会って、ただコーヒー飲むだけ、なんてお付き合いは、まずしてくれないと思いますので(笑)。

だから相手にとってのメリットを用意する必要があるんですが、これは本当になんでもいいと思います。

なんでもいいというのは、適当でいいって事ではなくて、どんな種類のメリットでもいいと思うんです。

例えば、その稼いでいる人が、チャラい感じの人だったら、

「今度、合コン組みますので、宜しければいらっしゃいませんか?」

とかでもいいと思うんです(笑)。

それだけでも相手にとってはメリットですし、そういう関係だからこそ深まる付き合いというのもあるものなので、一気にその稼いでいる人と距離が縮まりますよね。

まあ、その合コンの話はほんの一例なので、そういうのが無理であれば他の方法でも全然構いません。

ただ、相手が自分に会うメリットさえ与える事ができれば、その人との距離はいくらでも縮めていく事が出来るということです。

そうやって稼いでいる人と接点を増やす事で、自分の基準値がその人に近づいていき、どんどん成功に近づいていく事ができるのです。

もちろん、そうやって稼いでいる人と距離を縮めていく行為も最初は大変かもしれません。

でも、稼いでいる人との接点を増やす事ができるなら、それに取り組むだけの価値は十分にあると思いますので、そういうのが特別苦手でなければ、ぜひ頑張ってみてください。

という事で、少し話が脱線したようで実は脱線していないのですが最終的に私が言いたいのは、

「収入を上げる単純明解な方法は、自分より稼いでいる人と付き合うようにする」

という事です。

私もそうやってきて、本当に効果があったなと感じているので、宜しければ参考にしてみてください。

では以上です。

それではまた。