ビジネスで早く結果を出したいあまり、
睡眠時間を削ってまでビジネスに取り組む人がいますが
これはハッキリ言っておすすめできません。

なぜなら、睡眠不足は作業の効率を著しく下げますので、
しっかり寝たときよりも1日の生産性が下がってしまうからです。

たとえば1日に7時間の睡眠が必要な人が4時間睡眠にした場合、
単純計算で時間が3時間増えることになります。

なので、その3時間をビジネスに充てることで
より早く成功に近づけるのでは?と思うかもしれませんが、
その考えが間違いということなのです。

なぜなら、睡眠不足の状態では
脳のパフォーマンスを100%発揮できないからです。

これまで1日6時間をビジネスに充てていた人が、
睡眠時間を3時間削ることで、
9時間をビジネスに充てられるようになったとしましょう。

普通に考えれば、6時間と9時間を比較したら
9時間ビジネスに取り組んだ方が成功も早いと考えると思います。

しかし、睡眠時間を犠牲にした上で9時間という時間を作ったとしても、
その9時間はパフォーマンスが下がっている状態です。

それよりかは、しっかり寝て100%のパフォーマンスを発揮した上で、
6時間ビジネスに取り組んだ方が
結果的にビジネスは早く成功できるということが言えるのです。

私の体感では、睡眠時間を無理やり削って作業に臨んでも、
いつものパフォーマンスの4割から5割くらいしか発揮できない気がします。

仮にその感覚が正しいとすると、

  • 9時間(作業時間) × 50%(パフォーマンス)= 4.5
  • 6時間(作業時間) × 100%(パフォーマンス)=6

となり、やはりしっかり寝てビジネスをした方が
生産性が高いという計算になります。

ちなみに、ある実験結果によると6時間しか睡眠を取っていない場合、
酒に酔っている時と同じような状態になっているという事が分かっているのです。

お酒に酔いながら作業したことがある人は分かると思いますが、
全然集中できませんし、全く捗(はか)どりませんよね?

したがって、睡眠時間を削って作業に臨むことは
逆効果しか生まないということなのです。

早く結果を出したい気持ちは分かりますが、
そういう時こそしっかりと睡眠をとって
100%のパフォーマンスを出せるようにしましょう。