ビジネスで成功を収めるために覚えておきたいものの一つに、

「ウイニングエッジ理論」

というものがあります。

ウイニングエッジ理論というのは、
例えば競走馬がたった数センチの差でゴールしたとしても
1位と2位では賞金の金額が10倍も20倍も違ってくるように
ほんの少しの差が結果に絶大な影響を与えるという考え方のことです。

ビジネスの世界でも、成功者とそうでない人の間では、
収入の開きに10倍も20倍も差があったりするものです。

ただ、実際に成功者たちとそうでない人たちの能力に、
10倍も20倍も差があるかというと、決してそんなはずはありません。

競走馬が鼻の先一つ分のゴールの差で
賞金に10倍も20倍も差がつくのと同じで、
本当にちょっとした差が結果を分けているに過ぎないのです。

その差というのは、時間管理の仕方かもしれませんし、
考え方や日々の習慣、セルフイメージの部分にあるのかもしれません。

どこにその「ほんの少しの差」があるかは人によって変わりますが、
ただ一つ言えることは、

「成功者とそうでない人の違いは、ほんの少しの差でしかない」

というのは事実だということです。

だからこそ、その違いがどこにあるのかを知るためにも
日々学び続けていく必要があるのです。

成功した人を見て、

「この人は凄すぎる。手の届かない雲の上の存在だ。」

なんて卑屈になる人もいますが、決してそんなことはありません。

一見、雲の上の存在に見える人も、
実はその人との間にはほんのちょっとの差しかないのです。

そういった事実を知っておけば、
成功者と自分の違いを目の当たりにして絶望や嫉妬することもないはずですし、

「もっと頑張れば、自分も同じように成功できる」

という前向きな気持ちが湧いてきて、
それが行動へと結びつき、成功へとつながっていくはずです。

ぜひ、今回説明した「ウイニングエッジ理論」を頭に入れ
日々のビジネスに取り組んでいってみてください。