あなたはマーケティングとセールスの違いを聞かれた時、的確に答えることはできますか?

マーケティングとセールスは似て非なるもので、意外と多くの方がこの違いを的確に答えることができません。

でも商品を売るビジネスをしているのなら、これらの違いを知らないのは絶対にNGです。

なぜならマーケティングとセールスの違いを認識してこそ、商品の成約に向けて正しい行動をとることができるようになるからです。

そこで今回は

「マーケティングとセールスの違いとは?」

というテーマでお話していきたいと思います。

マーケティングとセールスの違いとは?

まずセールスとは?という部分から説明すると、

「セールス=商品の販売活動を行うこと」

と説明することができます。

これに関してはほとんどの人が認識している事と思いますが、ではマーケティングとは?と聞かれた時に、うまく説明できる人はそう多くありません。

これは結論から言うと、

「マーケティング=セールスしなくても商品を売れるような状態にする活動を行うこと」

です。

たとえば、

  • その商品を買いそうな見込み客を集める
  • 世間にヒットする商品を開発する

といった活動こそがマーケティングであり、これをしっかりと行えばセールスはぐっと簡単になります。

つまり、マーケティングさえ優れていれば「セールスを不要にすることができる」ということが言えるわけです。

どんなにセールスが苦手な人でも、マーケティングさえしっかり覚えてしまえば、商品を売るのは非常に簡単になるのです。

逆に、セールスが非常に上手くて「営業の神様」と呼ばれるような人でも、その前段階であるマーケティングがおろそかであれば、商品を売るのは難しくなってしまいます。

要するにマーケティングとはセールスの前段階として行うべき活動であり、「いかにセールスを楽にするか?」がマーケティングの真骨頂なのです。

これを理解しておけば、商品がなかなか売れないという状況に陥っても、

  • 商品の売り方(セールス)に問題があるのか?
  • 売る相手の選定 or 売る商品の選定(マーケティング)に問題があるのか?

といった部分を把握しやすくなり、それに応じて的確な対策を練っていくことができます。

そしてそれこそがビジネスの売上アップにつながっていくのです。

ちなみに個人的な経験から言えば、セールスを極めるよりもマーケティングを極める方が遥かに簡単ですし楽だと思います。

なぜならセールスは生まれ持ったセンスが必要になる部分もあるからです。

生まれながらのセールスの達人というのは確かに存在するものです。

普通の人が「こんなの絶対にいらない」という商品でも、あの手この手を利用して巧妙な話術で相手を信じこませ、気づけばその商品の成約に結びついている。

そんな芸当ができるセールスの達人も実際に存在しますが、その境地にたどり着けるのは一部の人だけであり、それには類稀なる才能が必要になります。

残念ながら、才能がない人はどんなに努力してもそこまでの境地にはたどり着けません。

ところがマーケティングを極めるというのであれば、努力や経験次第で何とでもなります。

才能やセンスがなくても、しっかりと勉強をして経験を積んでいけば、マーケティングの達人なんて誰にでもなれるものなのです。

なので、自分にセールスの才能がないと思うのであれば必死にマーケティングを勉強しましょう。

そうすれば、商品を売るのなんてとても簡単になります。

セールスを極めた先が「いらない商品を何としてでも売り込む」という事であるのに対して、マーケティングを極めた先は「それが欲しい顧客を集め、さらに欲しい状態にさせて買わせる」という事になるからです。

マーケティングは努力次第で何とでもなるものですので、ビジネスの売上を伸ばしたいなら何としてでもマーケティング力を向上させましょう。

以上です。